初めての青汁

何が入っているのが良いの?青汁の原料を見る時はここを見て!

更新日:

青汁に含まれる三大原料として大麦若葉・ケール・明日葉が上げられます。その効果をしっかりと発揮させるには自分の悩んでいる症状に合った原料が含まれている青汁を選ぶことが大切です。
三大原料のそれぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

明日葉

明日葉に特に期待できる作用は主にダイエット・セルライト・むくみです。
効能がとても多くありますので、代表的なものを紹介していきます。

  • 免疫力の向上

    免疫力を向上させ、病気になりにくい健康な身体を維持させる効果があります。毎日元気に過ごしたいという方にはぴったりですね。

  • 整腸・デトックス

    腸内環境を整えてくれる効果があるので、併せてデトックス効果が期待できます。

  • 肥満・むくみの解消

    ダイエットやむくみの解消に役立つカルコンが明日葉には含まれており、内臓脂肪をへらす効果があります。また、脂肪の燃焼に役立ち、新陳代謝を上げるビタミンB2も豊富に含まれています。

  • 血圧抑制

    カリウムが含まれており、体内のナトリウムを排出する効果があります。

  • 疲労回復

    明日葉に含まれるビタミンB1はエネルギー生産に欠かすことができません。疲労回復ビタミンとして有名です。

  • ストレスの予防

    ホルモンバランスを整える他、神経系の状態を整えイライラの防止に効果があります。

  • 美肌効果

    明日葉には体内の不要なものを排除してくれる効果があります。そのため身体の調子が整い肌の調子を良くしてくれます

大麦若葉

大麦若葉は他の野菜と比べると食物繊維の量がとても多いです。そのため、腸内環境の改善や便秘の解消を目指している人にはピッタリの成分と言えます。しかも、ケールのような苦味が一切ないので子どもでも飲みやすい成分なのです。野菜不足を無理なく解消したい場合は大麦若葉の入った青汁を選んでみてください。

  • むくみ・冷え性

    大麦若葉に含まれる亜鉛・ビタミンC・クロロフィルなどの効果でむくみや冷え性が改善したという例も多く見られます。「顔や足のむくみ」「手足の冷え」といった症状に悩んでいる方は大麦若葉を摂るようにしましょう。

  • 生活習慣病予防に効果あり

    糖尿病・動脈硬化・高血圧・脳梗塞などを予防する効果のある大麦若葉。コレステロールの低下にも一役買ってくれます。

  • 眼精疲労の対策

    大麦若葉には体内でビタミンAに変換されるβカロテンが豊富に含まれています。ビタミンAは眼精疲労の改善に効果があるとされており、パソコンやスマホを見る機会の増えた現代人にとっては嬉しい成分。

ケール

元祖青汁と言われる材料ケール。昔は飲みにくいものばかりでしたが、近年ではかなり飲みやすくなり美味しい青汁も多くあります。美肌やアンチエイジングの他、ガンの予防にも効果があると言われています。

  • メラトニンの含有量が豊富

    ストレスが溜まると不眠症に悩まされてしまうケースも多くあります。そんな睡眠障害の改善に有効と言われているメラトニンという成分。メラトニンは睡眠ホルモンとも言われており、正常な睡眠サイクルを取り戻すためには必要不可欠な存在です。
    ケールは食べ物の中でメラトニンの含有量が1番多く、不眠の改善に役立つことが研究結果として発表されています。

まとめ

どの原料でも生活習慣の予防・ダイエット・美容に効果があることは確かですが、より良い働きをしてくれるのは以下になります。

・ダイエットがしたい!→明日葉
・肌荒れや腸内環境・美容に効果が欲しい!→大麦若葉
・生活習慣の予防・改善で健康になりたい!→ケール

しっかり目的を持って青汁を選ぶと効果を実感できるまでの期間も短くなるかと思います。色々試してみてくださいね。

-初めての青汁

Copyright© 本当にオススメしたいフルーツ青汁!厳選ベスト5 , 2019 All Rights Reserved.