その他 青汁について

青汁にはどんなタイプがある?(粉末・顆粒・ゼリーなど)

更新日:

青汁と聞いて真っ先に思い浮かぶのは粉末・顆粒タイプではないでしょうか?実際、粉末タイプの青汁はとても種類が豊富に販売されています。しかし青汁には冷凍タイプやゼリータイプなど様々な形状で販売されているんです。それぞれのメリットとデメリットについて確認していきましょう。

 

 

それぞれの特徴

粉末・顆粒

粉末タイプは原料の野菜に熱処理を加えて乾燥させた後、粉末にしたもののことを言います。どんな液体にも溶けやすく簡単に飲めることがメリット。デメリットは加熱により一部のビタミンが壊れてしまうことです。

フリーズドライ

フリーズドライタイプは、野菜を熱処理せず真空状態にして粉末にしたものです。熱処理をしないので粉末タイプとは違いビタミンが壊れていないことがメリット。しかし野菜の繊維質が残るのがデメリットで喉越しが苦手な人も。

冷凍タイプ

冷凍タイプの青汁は鮮度の高い状態で冷凍されたものです。味も栄養素も壊されることなく鮮度の高い状態で保存されています。メリットは栄養素が減らないまま摂ることが出来る点です。冷凍された状態なので保管には冷凍庫にスペースが必要であること、飲む前には解凍が必要なので手間がかかることがデメリットです。

ゼリータイプ

ゼリータイプは個包装されたスティック状のゼリーにしたものです。そのまま食べられるので気軽な上にクセがなく、子どもでも食べやすいのがメリット。デメリットとしては固めるための添加物が含まれていることや粉末タイプなどと比べて割高なことが挙げられます。

錠剤タイプ

意外かもしれませんが青汁には錠剤のタイプもあります。青汁の味が苦手な人でも飲めるので、サプリメント感覚で摂取したい人におすすめ。デメリットは体内に取り込んだ後の吸収が悪く、摂取できる栄養素の量が粉末タイプなどよりも少なくなりがちな点です。

栄養価で見た場合、どのタイプがオススメ?

栄養価を重視したいのであれば冷凍タイプやフリーズドライのタイプが良いでしょう。粉末タイプの場合、加工の途中でビタミンや水溶性食物繊維といった栄養素が壊れてしまうことが防げません。原料の野菜をそのまま使うフリーズドライや冷凍タイプは栄養素もストレートに摂取できるということですね。

しかし、含まれている原料によって栄養素は異なります。栄養をたっぷり摂取したいという場合は形状だけでなく成分表示まで確認するようにしましょう。

飲みやすさはどのタイプが優れている?

飲みやすい青汁が良い!という場合には粉末タイプやゼリータイプがおすすめです。青臭さやエグミが抑えられている商品が多くて美味しいという声もたくさんあります。毎日続けるものですので、美味しさも重要な要素。自分の好きな味のものを探してください。

持ち運びはどのタイプが便利?

持ち運びにおすすめなのは粉末タイプ。1包ずつ小分けにされているものが多く鞄にも入れておきやすい!どこでも手軽に青汁を楽しめます。

どのタイプにもメリットとデメリットがありますので、色々試してみるのも楽しいですね。

-その他, 青汁について

Copyright© 本当にオススメしたいフルーツ青汁!厳選ベスト5 , 2018 All Rights Reserved.