簡単に飲める青汁 青汁について

青汁はどれくらいの量を飲めばいいの?

更新日:

実際に青汁を日常生活に取り入れてみようと思った時、1日にどのくらいの量を飲めば良いのか?と疑問になるのではないでしょうか。
実は、青汁は飲みすぎていけないというきまりはありません。野菜を食べすぎて健康に害が出るということが無いように、極端なことを言えば1日に1リットル飲んだとしても問題は無いのです。
では、目安はどれくらいの量かといいますと1日に180cc程度だと言われています。生野菜をよく食べる人であれば90ccでもかまいません。

1日に飲む回数は?

青汁の飲む量に決まりがないように、1日に飲む回数も決まりがありません。1回に飲んでもいいですし、少量ずつ何回かに分けて飲んでもかまいません。いつ飲むかについても制限はなく、朝・昼・夜いつでも良く、食前・食中・食後のいつでもOKです。
大切なのは自分に適切な量を毎日続けて飲むこと。継続することで青汁の効果は発揮されるのです。

飲用を控えた方が良い時とは

青汁は野菜を摂取するのと同じようなものですので副作用はありません。ただし、注意したいのは使用されている野菜が無農薬のものであるかどうか。農薬をたくさん使って育てられた野菜を使った青汁は間接的に農薬を体内に入れてしまうことに繋がります。少々値段は上がりますが無農薬原料の青汁を選ぶようにすると安心ですね。

青汁の美味しい飲み方

理想の青汁の飲み方はそのままストレートで飲むことです。しかし、ケールの独特な青臭さや苦味が我慢できないという人も多いかと思います。そんな人は飲み方を少し工夫するだけで格段に飲みやすくなりますよ。
青汁を飲みやすくするには果物の果汁やレモン汁、野菜ジュースなどを混ぜると良いです。苦味を抑えるために蜂蜜で甘みを加えるのも有用です。甘みを加えるために人工甘味料や精白糖を入れてしまうとカロリーがぐんと上がってしまいますので止めておきましょう。

また、青汁をつくる時に水以外のもので薄めて飲むのも効果的です。牛乳で薄めて飲んでいる人も結構多いようですね。冷たいお茶、炭酸水、乳酸菌飲料など自分の好きな飲物に混ぜてみるのも良いでしょう。

青汁は飲むだけではありません

青汁の粉末は必ず水に溶かして飲むものと思い込んでしまってはいませんか?実はケーキの生地に混ぜ込んで青汁ケーキを作るなんてことも可能なんです!
砂糖の量もお好みで調節出来ますし、小豆などの甘さがあるものを一緒に入れるとまた違った味わいに。
青汁を飲むのに抵抗があるという方はぜひ料理に取り入れてみてください。

 

-簡単に飲める青汁, 青汁について

Copyright© 本当にオススメしたいフルーツ青汁!厳選ベスト5 , 2018 All Rights Reserved.