初めての青汁

青汁を飲む時の注意点

更新日:

近年、日本人の野菜不足が問題視されておりそれを補おうと思う方も増えているのではないでしょうか?野菜不足解消に役立つとされている青汁を飲みたい。と思っても副作用などはあるのか、どんなことに注意する必要があるのかは気になるところです。より安心して青汁を飲むことができるように注意点をまとめました。

 

 

薬との併用は問題なし?

健康効果に期待ができる青汁ですが、心配になるのは薬と併用しても問題はないの?ということ。結論から言うとワーファリン(ワルファリン)を服用している人は青汁を控えた方が良いです。ワーファリンとは抗血液凝固剤の一種で、脳梗塞や脳卒中にならないための予防や治療に使われる薬です。血液を固まりにくくし、血管に血液が詰まらないようにする役割があります。

ワーファリンとビタミンK

青汁にはビタミンKが含まれています。このビタミンKには血液を固まりやすくする凝固作用を促進させる作用があります。血液を固まりにくくする作用のあるワーファリンとは真逆の作用があり、併用するとその効果を打ち消し合ってしまいます。ワーファリンを服用している人は医師から青汁は控えるよう言われているはずです。

ビタミンKの役割

血液を固まりやすくするビタミンK。脳卒中などを引き起こしてしまいそうだし、実は危険な栄養素なのでは?と思ってしまうかもしれませんね。しかし、このビタミンKも身体にとっては大切な要素。ビタミンKが不足すると出血した際に血が止まりにくくなり身体が危険な状態になってしまいます。人によっては注意しなければいけませんが、しっかり摂ることが必要な栄養素です。

腎機能に心配のある人も注意

肝臓や腎臓に問題のある人は青汁を飲むのは控えましょう。肝臓や腎臓に問題があるとカリウムを上手く体外へ排出することができません。青汁にはこのカリウムも含まれています。腎機能に問題のある状態で青汁を飲み続けると体内にどんどん蓄積されてしまい、高カリウム血症になってしまう可能性があります。そうなってしまうと目眩や不整脈といった症状に悩まされてしまうことに。不安のある人はまず医師に相談をしてみてくださいね。
カリウムには血圧の低下・骨密度の増加などに繋がる有用な栄養素。肝臓や腎臓に問題のない人は積極的に青汁を飲むようにしたいところです。

アレルギーの心配は?

青汁にはたくさんの食材から抽出された栄養素が含まれています。アレルギーを起こしやすい体質の人にとってはそれが少し不安でも。
一般的に青汁に含まれているそれぞれの食材はごく少量ずつです。割合がとても低いのでアレルギーに対して神経質になる必要はないかと思いますが、服用後に湿疹が出たり痒みの症状などがでた場合はすぐに服用を止め医師に相談をしましょう。

青汁を飲み、免疫機能を安定させることでアレルギー体質の改善にも繋がると言われています。自分の体調と相談しながら適切に服用を続ければ青汁は健康の良い味方となってくれること間違いなしです。自分に合った青汁をぜひ探してみてください。

 

-初めての青汁

Copyright© 本当にオススメしたいフルーツ青汁!厳選ベスト5 , 2019 All Rights Reserved.